ダイエットと血糖値

無理のないダイエット

トップ / 無理のないダイエット

ダイエットと栄養素の情報

ダイエットに効果的な食べ方

健康的に、無理なくダイエットしたいのであれば、食べ方に気をつけてみましょう。それには、血糖値が上がらないようにすることです。食後は誰でも血糖値は上がりますが、必要以上に上がると、血中にブドウ糖が余った状態になります。そしてこれが運動などで適切に消化されないと、結果的に脂肪として蓄えられることになります。ですから、血糖値に配慮した食べ方でダイエットしましょう。それは、まず繊維質の多い野菜類を先に食べてから、糖質の多いものを食べることです。先に繊維質のものをお腹に入れておくと、血糖値が上がりにくくなります。また、牛乳やお酢なども血糖値を上げにくくしてくれますので、食前に摂取するとよいでしょう。

わき

カロリーより食べ方を重視する

食事でダイエットをするときに気になるのがカロリーです。確かに人の体は1日の消費カロリーよりも摂取カロリーが上回る生活をしていると余ったカロリーが脂肪として蓄積され太ってしまいます。しかし、カロリーばかりを気にするのは危険です。食事を摂る時間や食べ方などを工夫することによってダイエットの効果が上がり太りにくい体になります。人は血糖値が上がると太りやすく下がると痩せやすいので、これらの体内リズムに合わせて食事を摂ることによって同じカロリーを摂取しても、その消費量が違ってきます。また、ポイントとなる炭水化物は朝はしっかり摂り、昼、夜にかけて減らしていくのが効果的な食べ方です。